入院29日目「過敏になって緊張が続いたせいか、疲れが出た?」

昨夜は出血騒動に追われたこともあり、
寝付くのが難しいかなと思ったら21時の消灯後すぐに深い眠りへ。
いや、肉体的には出血でやられ、精神的には独身を痛感しやられ、と。ダブルパンチですわ。
でも消灯早いよなあ。5時間寝てもまだ今は午前2時。目は冴えたし。朝まで考え事。
結婚かぁ。てか、彼女も長らくいねーけどな。お見合いは条件闘争。
移植したとはいえ再びもしや、のリスクを抱えた自分では・・。
じゃあ恋愛は?今回の移植でかなり痩せ、
正直、顔が別人?になったので追い風にしたいとこだけど、熱意がねえ。

で、4時に再び寝るもそんな前日だからか鮮明な悪夢を見てハッと目が醒める。まだ5時。
ま、夢なんて無意味よね(強がり)。

今週は免疫抑制剤の適量把握が課題。今朝から4時間おきに採血しその血中濃度測定。
朝は9時半と遅食となる。腹減った・・・。
腹部の出血は減ったと思ったがまだある。参るなあ。

そういえば東京は27日連続降雨5ミリ未満だそうで。私の入院が29日目。
確かに病院の窓から雨は一度も見ていない。ただ、入院生活じゃせっかくの傘嫌いも生きず。
しかし、複数回の採血に腹部出血、朝遅食でなんだか軽くめまい。すぐ落ち着く。

午後、一連の検査結果がK先生より。極めて順調。
腹部出血さえ収まれば退院でよいとの判断。ふーっ、ひとまず肩の荷が少し軽くなった。
それに合わせるかのように一時曇った空が明るくなったので、
風に当たりたく病院玄関前ベンチへ。途中、移植外来のベテラン、Sナースに会う。
ここに来るまで外来で挫折しかかる私を見守って下さった、
この病院で一番最初に私が知り合った方でもある。
現状をお話しし深く頭を下げる。ここまで辿り着けるとは。
まだまだ油断ならないのわかってる。でも、確実に春もまた、近づいているから。

夕方、数値上は体調に問題ないが、血圧、飲水、尿量、定時服薬、傷跡、出血など、
術後、安定するまで神経を払うテーマが続き、やや疲労を感じた。体力も皆無だからさ。
先生からは体重維持を、と。減量はひとまず置いて。
体力が低下してしまうから、と。院内は自由に歩けるが、もう少し余裕や力強さが欲しい。
今日の就寝も早そう。すでに眠い。


by navona1971 | 2017-02-06 20:24 | 腎移植(入院・手術のこと) | Comments(0)