入院21日目「自力で一般病室へ移動もまだフラフラ、ガクガク」

起きたり寝たり中途半端な睡眠。
排尿は順調で体重も減少。よい流れ。ただフラつくなあ。
ナースは術後3日目だし経過いいよ、と寄り添ってくれるが。早く元気になりたい。
まずは腹部なんだよなあ。午前中、K先生が回診。
手術は非常に速く順調だったそう。さかな先生は手際がいいんだって。
手術時間はかなり短い方だとか。あと、母の腎臓が女性にしては前述の通り大きいのがよかった、と。

昼前にはS看護師に頭を洗ってもらいスッキリ。久々の爽快感。
午後には母が姿を見せる。点滴やカテーテル類は全て外れ顔色もまずまずのようでよかった。
そして、夕方前には一般病室へ戻ることに。また一歩前進だな、と思ったら甘かった。
術後安定室から80mくらい離れた一般病室まで点滴棒を持ちつつ歩いたが、
立ちくらみ、吐き気、冷や汗。血圧急降下。なんとかたどり着いてそのままゴロリ。体力がないよ。
「それだけ大変な手術だったんですよ、無理もないです」と受け持ちナースの由貴さん。

はあ、少しづつ起きる時間増やさないと。
ただ、尿道カテーテルと腹帯があってお腹が圧迫されんのよね。
これがまた痛くて腹筋に力が入らない。夕食はベッドから半身起して手をつけるのがやっと。

Commented by springfield at 2017-01-30 13:30 x
まずは手術成功おめでとうございます。
良かったですね~^^

あせる気持ちはとてもよく分かりますが、いつか元気に退院するんでしょうし、その時はそんなに遠くないわけだから、今は無理しないのがいいと思います。
冷や汗 ってこういう事言うんだ・・・って私はこの前初めて知りました。一瞬にして全身から出てくるんですよね。

こんなにゆっくり人に助けてもらえる時間は中々ありません。
沢山甘えて元気になりましょ~!
Commented by navona1971 at 2017-02-02 12:20
ばりーさん
そうそう、冷や汗って普段あまり経験しない
から。おでこは冷たいのに汗は流れる、
みたいな。僕はともかく、母、妻、建築士
の多重生活は過酷過ぎて想像がつきません。


仕事の話もお聞きしましたが、
私も同じ業界のはしくれでいろいろ
仕事や人事面で情報交流を依頼されること
もあり、そういう面でもばりーさんと縁が
できるかもしれません。
実務と経験に長けた方ですから。

さっき調子こいて歩き回ろうとして痛みに
見舞われました。コメント肝に命じます。

雪に気をつけてね。
by navona1971 | 2017-01-29 19:16 | 生体腎移植(入院・手術編) | Comments(2)