01月05日のとりとめもない話 「初詣」

e0078069_19162268.jpg
残り2回となった今日は透析日。
朝の電車はだいぶ混雑を取り戻してきたが、まだまだ余裕がありそう。
せめて毎朝このくらいならなあ。そういえば、去年の今頃は激しい腹痛で寝込んでいた
(後に腹膜炎と判明し89日間入院するのだが)。しんどかったなあ、あれは。
結局、入院、休養、移植準備と、これまで仕事を休むことに。
午後、病院を出て近くの京濱伏見稲荷神社へ少し遅い初詣へ。
地元では知名度のある神社だが、すでにお正月の喧騒は過ぎ、静かになっていた。
手を清めてから賽銭を投げ、とにかく体のことだけを祈念する。
滅多に買わない御守も病気平癒のものを。そしておみくじは末吉。
「長らくの忍耐の甲斐あって、広々とした明るい将来が開け幸運が目の先に待っている。
心焦らず、もう一息の辛抱」。気休めでもこんな言葉をかけられると落ち着く。
さらに、「気の病ひの方が多い」と。確かにそうかも。
境内には狐の姿が無数に。稲荷神社の守り神だそう。
遅い昼食は富士そば「紅生姜天そば」で。
e0078069_19161917.jpg

by navona1971 | 2017-01-05 19:17 | とりとめもない話 | Comments(0)