闘病中の伯父を見舞う

伯父がガンになったそうだ。腹部と腰の痛みで検査の結果判明した。
彼は俺の父の従兄弟で、母の妹と結婚しているので、我が家とは縁が深い。
ウチの両親が結婚した縁でこちらも結婚したので、まあ当たり前だが。
幼い頃は当時彼らが住んでいた久里浜へよく遊びに行ったし、こちらの近くに転居してきたあとは
相手の家の子供が小1、小5、俺が小6で同じ小学校に通った時期もあった。
まあ今からみれば楽しいひとときだったかな。
伯父は戦争時のゴタゴタで両親が早逝し、父親の妹に育てられた。
そういう過去もあってか、同じ血縁ながら比較的楽天家な我が家の父と違って、口数が少なく、
やや気難しい面があった。それでも俺が出向くと気遣って魚釣りに誘ったり、
みんなを囲んでドンジャラ(懐かしいね)をやったりしたものです。
ただ、所詮お客さんな俺と違い、家族はなかなか大変だったよう。
彼の息子はそんな偏屈な父親を今も避け、やや冷えた関係になって・・・。改善を促したが、
ようは「マトモな父親のもとにいたお前に何がわかるんだ」的な返事をされた。
いや、ウチの父だっていい面ばかりじゃないし、文句も山ほどある。
でも、許すことは大事だと思うんだけどね。俺は怒りが持続しないんだよねぇ、
そもそも、ぜいぜい半日ww。まあ、それもある意味自己防衛なのかもしれんけど。

で、隣町の大型病院へ。数年前に建て替えられ、一般病棟は一部屋6人だったのが4人となり、
広々としてキレイ。自分が入院した某医大は8人部屋だったからねえ。
新しい病院はいいな。でも一方で病院の定員は減らされる一方。
快適になる代わりに、昔のようにいつまでも病院にいられるわけではなく、
病状が安定すれば治癒を待つことなく退院させられるのもまた現実。
エレベーターの張り紙には「3カ月を目処に退院を目指す治療」、
「退院後の対応を早めにお考えください」などの文字が目立つ。
厚労省の指導なんだろうけども、高齢化社会の限界を痛感するね。
e0078069_0222053.jpg

伯父は最悪な事態は脱したようだが、これから抗がん治療に入るとのこと。
でも、正直言葉に力はない。そう長くないんじゃないかと思う。
老いるというのはただただ悲しいな。
一方で、初回お見舞い時よりは多少気力もあり、TVを見ているとのことだったので、
TVカードをまとめて渡す。じっと見ているとポイント減るのも早いしね。
ネットもやらない世代だから、部屋じゃテレビ見るくらいしすることないしな。
しかし、自分にもそう遠くなくそういう日々がやってくるのか。正直怖い。
ま、誰もが思うのだろうけど、あっさり死ねたらなと。
昔は「死にたくねぇなあ」なんて思うのかと描いてたが、いざ病気をすると、
病に反発する気力も薄れるな。昨年、今年と俺も病魔に襲われ、死線とまでは言わないが、
それなりに危ない部分を彷徨ったけど、正直、これで死ぬも仕方ない、
次に目を閉じて眠りについた時はもう起きることがなくてもいいか、と半ば思ったりね。
まあそういう人間に限って死にゃしねーんだけど。
みなさんも体を大事にしましょうね。
e0078069_0223077.jpg


by navona1971 | 2016-12-07 00:22 | とりとめもない話 | Comments(0)