今日は誕生日でした。

まあリアル知り合いの方はだいたいいくつか知ってるだろうから。
ここに書けるような年齢でもないのでこちらでは伏せておきます。バレバレだけど。

しかし、さすがに成人式は少し昔のことのように感じるけど、
30代は光の速さで過ぎ去ったなあ。それなりに楽しい時間だったけど。
結婚もねえ。多少の恋愛はあったし、お見合いっぽいことも2度したけど、案の定縁なし。
病気のこともあるし、ここ最近はそういう方面について沸き上がるようなパワーもない。

「ローソクももらってきたわ」。
母が小ぶりなケーキを買ってきた。何歳であれ、俺がこの人の子供であることには変わりない。
子供がおっさんになろうとも、あくまで息子、子供だしな。
とはいうものの年齢の数かと思ったらローソクは4本だった。だいぶ省いたなw。

改めて母を見ると、髪がだいぶ白くなっていた。「もう染める方が無理あるわよ」と。
子供の頃はどこへ行っても「だまくんのおかあさんは美人ね」と言われたものだった。
実際、世代の割には長身で、鼻筋も通っていてね。表向き謙遜して受け止めながらも自慢だった。
気持ちの優しい人で、近くに住む遠縁の老婆の面倒もよく見て、義務があるわけじゃないのにね。
我慢強さもあるし、やっぱり雪国秋田で辛抱強く育っただけあるんでしょう。

しかし、この白髪のほとんどは、俺が苦労させたせいじゃないかと思う。
ここ最近は一応、親孝行らしいことはできているけど、昔を思うとね・・・。
いや、別に不良だったり、そういうわけじゃないけど、やっぱり心配させたり、あったからね。
おそらく母が願っていた、信じていた将来像とは、大きくかけ離れた?モノになっちまったし。
まあ、それでも最低限サラリーマンやってまぁまぁな結果残せてるってことで許してもらいましょう。
せめて孫の顔は見せたかったがなあ、そればかりはごめんなさいと言うしかない。

あぁ、ケーキはおいしかった。久しぶりだな。
この家に産まれてよかった、と改めて思った。もうそれだけで幸せじゃない?
一応仲良く?健在な両親、姉も嫁いだ先は近場だったし、姉の旦那さんは気さくで優しい。
ほかに求めるものなんてないわ。まあ、この不治の病だけはどうにかならないかと思うが。

年齢のせいか病気のせいか、30代半ばあたりからだけど、物欲も失せた。
ヨドバシカメラとか行っても、欲しいものなんて何もない。
というか、お金で買えないものが欲しくなるのかも知れないね、こうなると。
愛であったり、健康であったり、若さであったりさ。

この病気は心不全なども起こしやすいので、突然死もないわけではない。
ましてや僕はこんな体だし、人よりどうしても臓器に負担はかかるから。
節制ももちろん最近はしてるけど、それとともに、いつ死んでもいいような、覚悟は少しし始めてる。
とにかく悔いのないように家族とは接しようと思います。
まあ、だからといってそう簡単に死ぬわけじゃないけどさw。

東日本大震災の当日朝、母親と少し口論して学校へ飛び出した子が、
その後津波でその母親を失い、ものすごく悔いていたという話を聴いた。もう時間は戻せないものね。
自分がそんなことになったら、ほんとに胸を引き裂かれるような苦しみになると思う。
そうならないためにも。そうだな、両親より一日でも長生きできれば、それで十分かな
(あ、姉が寂しがるかも知れんw)。

今日はハマスタのチケット、結構いい席のを前持って買っておいたんだけど、
行く気が起こらず、やはり日曜は出たくない・・・。

facebookやメールなどで誕生日おめでとうの連絡を下さった皆さん、ありがとう。
e0078069_19292343.jpg

Commented by まめ at 2015-06-16 19:37 x
だまさん、お誕生日おめでとうございます。
お母様とのくだり、自分と重なりました。
私も毎年誕生日になると母がケーキで祝ってくれます。もう30代半ばだというのに。。本当にありがたいことですよね。
この時間は永遠に続くわけではないから、大切にしなくてはと、年をとるにつれて思うようになってきました。
後悔のないように毎日を大切に生きていきたいですね^ ^


Commented by navona1971 at 2015-06-17 10:40
>>まめさん
ご無沙汰しています。お変わりありませんか?コメントありがとうございます。
結局、いくつになっても、親は親、子は子なのでしょうね。
ちょっと誕生日らしからぬテンション低めなブログ記事でしたが、
育ててくれた親をこれ以上悲しませないよう、体を大事にします。
言葉を交わせる、一緒に食事をできる・・・他愛ないことですが、
いつかできなくなる日が来るんですものね。

まめさんのお母様も素敵な方ですね。
お互いケーキの味をじっくり噛み締めましょう!
by navona1971 | 2015-06-07 19:30 | とりとめもない話 | Comments(2)