ヤクルトvs阪神(24回戦)を観戦 「宮本慎也引退試合、そして桧山の東京最後の試合!」(中編)

宮本が打席に入るといっせいに掲げられるボード。レフト側から1塁側~ライト側を見ると緑一色です。
e0078069_10283855.jpg

イニングの合間にはこんなクイズが。正解わかりますか?俺は知らなかった。てか、意外な理由でした。
入団前後に話題になったヤクルトが舞台の映画「ヒーローインタビュー」で主人公だった真田広之演じる選手の背番号だったから、と。
おーおー、その映画見たよ俺。武田鉄矢が野村監督を模した感じで出てきてね。ヒロインが鈴木保奈美だったかな。
e0078069_10284549.jpg

一時期巨人がやってたけど、野球でビッグフラッグって珍しいよね。しかもヤクルトらしからぬアイデア(褒め言葉)。
e0078069_1028502.jpg

こうやってレフト側のファンもどんどんボードを掲げてくれます。なんか今日はシーズン特有の殺伐さがない。消化試合らしいな。
実はこんな雰囲気嫌いじゃない。のんびりと観戦するのも悪くないしね。
e0078069_10285542.jpg

バレンティンの2打席目、メッセンジャーの外角球をライトスタンドへついに60号2ランアーチ!いやあ記録的なシーンに立ち会えた。
e0078069_10282730.jpg

宮本の引退に花を添える60号。出迎えた宮本と抱き合っていたのが印象的でした。最下位の中で最多勝の小川とともに唯一明るい話題。
e0078069_10283421.jpg

7回表には六甲颪が。てか、阪神ファンは3番まで歌うんだね。阪神ファンでもないのに2番を歌える俺を褒めて。
子供の頃クラスに阪神ファンがいて、彼らとよく後楽園とかハマスタ行ったんだけど、その頃の記憶かなあ。
あの時は徹夜が許されていたので、よく並びました。しかし汎用のヒッティングテーマは聞き惚れる名曲だな。
自分の中ではあの曲って嶋田宗彦のイメージ。かっとばせーしまーだ!(の兄!)と叫んでいた記憶が。
ちなみに7回裏にはヤクルト側が東京音頭をやりますが、傘を開いて阪神ファンも一緒に歌ってます。くたば○読売、とw。
こういうところはいかにも阪神ファンって感じですねw。ま、巨人の永遠のライバルは阪神ですよ、やっぱり。
e0078069_10283812.jpg

フル出場で打席を重ねていく宮本ですがヒットには至らず、残念!でもまだまだチャンスが。
e0078069_10293570.jpg

試合は早いテンポで9回に。このまま延長に入りそうな雰囲気。雨がちょっと強くなってきて気温がさらに下がる。
e0078069_10293896.jpg

「プロチ、買ってきたよ!」。友人の声。そう、俺らは野球観戦する時に必ず買うんだよねえ。で、カードが誰になるか、と。
おみくじ感覚で。子供の頃よく集めたよねえ。観戦のいいアクセントにもなるしね。
e0078069_1032045.jpg

なんと宮本がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!これはなんというタイミング!
e0078069_10321822.jpg

延長10回、ついに代打の神様、桧山が登場。この時もレフトライト両翼から大歓声。
e0078069_10324354.jpg

「この一打に賭けろ、気合で振りぬけよ~♪」俺も歌ってしまったよ思わず。
e0078069_10333348.jpg

同点で満塁ですから、ひと振りで勝ち越して欲しい、と願うレフトスタンドからの声援がひときわ大きく。
e0078069_10333863.jpg

しかし、フルスイングで三振!大声援もため息に。でも、観客のため息はすぐに拍手へと変わります。
e0078069_10334233.jpg

小雨が降り、気温も下がる一方ですが、宮本と桧山を見届けようと、観客は帰ろうとしません。
e0078069_10351185.jpg

さあ、11回裏、おそらく、宮本現役最後の打席。僕も目に焼付けなければ。
e0078069_10352786.jpg

by navona1971 | 2013-10-04 23:58 | プロ野球観戦記 | Comments(0)