ヤクルトvsDeNA(17回戦)を観戦 「天国へ旅だった土橋正幸元監督に捧げる勝利!」

同僚の開発部に在籍しているMくんが「野球、一緒に見たいですよー」と言われたので、じゃあ、行くか!と意気投合して、神宮球場へ。
試合開始には間に合わなかったけど、なんとか1回裏には到着。いつものライトポール際上段のまったり観戦ゾーンに陣取る。
いや、今日はちょっと特別な思いがある。ヤクルトの監督でいらした土橋正幸さんが8月24日、逝去されたから。
やっぱり、僕の中でのヤクルトスワローズは、土橋さんなんだよ。中学校2~3年生の時、毎週のように神宮へ通っていたんだけど、
ちょうどその時は土橋さんが監督をやっていた時期と重なってね・・・。まぁ、弱かったよ、本当に弱かった。しょっちゅう負けてた。
それでも懲りずに神宮に行ったよ。ファンもまばらな外野入口前にクラスメートと巨人戦だったりすると朝から並んでね。
で、午後、土橋監督が通りかかるんだ。俺達が「かんとくー!今日も来たよー!」って。土橋さんは「お前らもよく来るよなあまったく」と、
呆れ顔というか、苦笑いというか、そんな感じで受け止めてくれていて、弱かったけど、温かいチームだった。

若松、杉浦、八重樫のベテラン勢が健闘するけど、投手陣は弱い。尾花がフル回転してようやくチームが持ってる状態。
よりによってそれでも巨人戦ばかり行っては負け、行っては負けてた。それでも、なんか魅力があったなあ・・・。
7回くらいに、仕事を終えたツバメ軍団の岡田さんが来て、「おぃおぃお前ら、腹の底から声出せ、声!」って。勝敗関係なく楽しんでたわ。
劣勢の中でも、「とびだせヤクルトスワローズ」を歌うと、気持ちが高揚したものだった(だからこそ、今、ラッキーセブンに球団歌ではなく、
東京音頭を歌う、というのが理解できん、あの素晴らしい球団歌を歌えよ、と)。あの頃はちょうど今の小川監督が8番ライトでレギュラーを獲った
頃なんだよね。週刊ペースボールに「ライパチくん」として特集されたことも・・・。土橋さんが頭を悩ませたあのチームの監督が、
今、小川さんっていうのも、俺には感慨深い。今日は土橋さんのためにも勝っておきたい。
e0078069_8402560.jpg

神宮から見える景色で、これが一番のお気に入り。先に見えるのは、NTTドコモ代々木ビルです。エンパイアステートビルチックですね。
e0078069_840321.jpg

今日の先発は木谷と三嶋。ベイは石川が少し前に復帰、ヤクルトは相変わらずケガ人が多く、いつものオーダーというわけではなさげ。
e0078069_8404022.jpg

5位と6位の試合とは思えない外野席のお客さんの入り。内野がガラチョンでしたが・・・。バレンティンのホームランも気になるところだものね。
e0078069_8404748.jpg

さ、ヤクルトが川端の3ランでリードしている中、バレンティンへ打席が回ってきましたが敬遠気味のよんたま。
e0078069_8405443.jpg

そして、第3打席が回ってきたのが4回裏。ここで三嶋からの投球をグシャリと叩いたバレンティン、
打球はレフトポール際へ・・・。52号HR!!!これが見たかった。ライトスタンドは傘の花が。
e0078069_841212.jpg

5回裏終了時には神宮外苑から花火が打ち上がります。つば九郎とつばみと燕太郎も外野芝生でゴザを敷いて準備万端。
e0078069_8412498.jpg

バレンティンの花火もいいけど、こっちの花火もいいね~。真夏の神宮ホームゲームは毎日花火が打ち上がります。これはいいファンサービス。
e0078069_8413220.jpg

ハイペースでホームランを量産するバレンティン。「もう投げるところないな」と外野から声が漏れます。打席を迎えるたびにアーチを願う声援も。
e0078069_8414090.jpg

ついに52本まで到達しました。打率もこの数字。素晴らしい。確実性が一段と増した今年。しかしヤクルトは当たり外国人をよく見つけてくるなあ。
e0078069_8415499.jpg

スワローズの私設応援団「ツバメ軍団」からは日本記録へのカウントダウン横断幕が。期待感がどんどん高まっていきます。
e0078069_842271.jpg

打席に入る際に流れるPV。しかし、プレーにたまーに粗さがあったバレンティン、今年はひたすら真面目一本ですね。
e0078069_842928.jpg

先発、木谷の好投もあり、そのままベイスターズは反撃らしい反撃もなく、ヤクルトが圧勝、天国の土橋監督へ捧げる勝利となりました。
ちなみに小川監督の誕生日でもあったようで、ヤクルトとしては負けられない一戦でした。
e0078069_8421636.jpg

■試合結果
ヤクルト8-2DeNA
勝利投手 木谷(2勝2敗0S)
敗戦投手 三嶋(5勝8敗0S)
本塁打
[ヤクルト] 川端 3号(1回裏3ラン) 、バレンティン 52号(4回裏ソロ) 、ユウイチ 1号(6回裏2ラン)
by navona1971 | 2013-08-30 23:59 | プロ野球観戦記 | Comments(0)