週末の夜は御徒町で一杯

夜、S女史とA女史と呑み。前回は新宿で終電を僕が逃したのと、
A女史が常磐線沿線に住まわれていることもあり、御徒町にしよう、ということに。
A女史が居酒屋・大統領を偶然にもお気に入りにしていたそうだし。
ばんど屋に行く以外の用事で御徒町に来ることなんて皆無だなーそういや。
19時に御徒町駅北口で待ち合わせ、上野方向へ。
大統領が残念ながら満席。というか、向かいに新しい居酒屋が出来ていた。
もう半年来てないからな。こっちも。以前はよく行ったけど・・・。

高架下の真ん中の通りにも大統領の支店があったはずだが・・・ない。
あの新しい店に移ったのかなあ。仕方ないので「串揚げ・じゅらく」へ。
串揚げも去ることながら、だしの効いたこんぶ入りのキャベツが美味い!
しかし、S女史の子供の頃の話はまさに”大草原の小さな家”の
世界にも似たり。育った集落は大自然の中だし。
小学生の頃、一度だけ行ったことがあるんだけど、深い緑の中だった記憶がぼんやり。
学校までは何kmも歩く。雨の日だって、雪の日だって。それは逞しくなる。美しくも?
そして、高校生になってようやく自転車通学が認められる。
僕が幾度となくばーちゃんちに遊びに行ってた頃、すぐ近くのあの駅の駐輪場に
S女史が自転車を停めて高校に通っていたと思うと、感慨深いものがあります。

前回同様4時間ほど。やっぱり、70年代とか80年代の話って面白い。
そうそう、でもここに来る前に一人カラオケをしてきたA女史は「AKBとか歌って~」と。
うわー・・・やばいな、俺、時代に置いてけぼりにされそう。
仕事も頑張って、お酒も楽しく呑む、だからふたりとも綺麗なんだろう。
で、フラットな関係で呑むのはいいね。俺はこういうのが好き。
同僚の送別会だった前日木曜日と同様、終電1本前で帰宅。

なんとかっていうアニメだが映画とタイアップして、人工衛星(タイムマシン)が激突した
様子を模した秋葉原ラジオ会館にはその様子を一目見ようと人だかりだった。
e0078069_21425479.jpg

御徒町~上野のガード下にある「串揚げ・じゅらく」。あの聚楽グループなのかな?
e0078069_2143847.jpg

串揚げおいしかったー!
e0078069_21431296.jpg

by navona1971 | 2011-11-01 21:43 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)