上司と神田の雰囲気よさげない居酒屋へ、ほか。

週の中盤、上司から誘われ、神田駅北口近くの居酒屋「楽栄」へ。
ふとしたことで上司が行くようになったそうで、「最近ご無沙汰だから顔出したくてね」と。
上司とは数年前数えきれないほど呑んでいたけど、その後体調が芳しくないとのことで、
ペースが落ちていたが、最近、復活してきたみたい。やや呑む機会が増えてきた。
お互い別の仕事を抱えていたので、夕方、現地で待ち合わせ。ここに来るのは夏以来かな。
僕の方が先に到着していたので、一足早くのれんをくぐる。
e0078069_13365277.jpg

ここは還暦近いおかみさんほか、中高年のご婦人が中心でお店をやられています。
おかみさんは聡明で上品な方。聞けば板前さんがいたらしいのだが、諸事情で不在となり、
おかみさんがその後は料理も含めて切り盛りするようになったんだとか。
「もうね~、大変だったんです、私料理下手だから」。振り返り苦笑するがそんなことない。
とてもおいしいし、素朴な味で、素材もいいし、価格も良心的。
店内の雰囲気は昭和。地上デジタル液晶テレビ以外は今の時代を感じさせるものはないです。
上司とは今後の会社の方針について二時間ほど。悩ましいね。
この会社が世間の常識より甘いことを、この会社しか知らない社員にどう伝えて、
どう変化させていくかがカギかな。仕事に関して相当?甘い俺でさえ甘く感じる人がいるほど。
今までは良かった、それで通じたかも知れないが、これからはそうじゃない。厳しいだろう。
一方で、この世界で仕事しながらエンジニアじゃない、という部分でどうしても僕も
コンプレックスがあるんだな。情報収集して、相手とそれなりに渡り合ってるようだけども。
上司は「同業他社で比較してもあなたの知識と営業バランスは図抜けてる」と言うが、信じがたいなーw。
e0078069_13365688.jpg

メニューの達筆な文字もおかみさんの手によるもの。
上司と来た時だけでなく、今度は自分で来てみよう。とてもお気に入り。
でも、今の会社で9年目に入る。それまで長く勤めても3年で、様々なところで挫折したり、
時に罵倒されたりして、自信を失いつつもここに流れついて、
ここまでやってこれたのは上司の存在に尽きる。この人、僕大好きなんで。波長が合うし。
上司と心から楽しく酒が呑めるってことは幸せだと思うよ、パワハラ全開なこの世の中で。
上司は旧友とその後会う約束があるということで新宿へ。「明日は朝来れないかもなあ」と彼。
こういう微妙な”ユルさ”も好きなところ。ゆっくり呑んで欲しい。ただし気をつけて帰宅して。
e0078069_1337068.jpg

そうそう、これまで自宅ではレノボのIdeaPadを使ってたのね。低スペックだけど、
薄いし、出張時に持ち出せるし、安いし、ネットと文章書くくらいしかやんないからさ。
で、先日起動しないトラブルが発生して、保証期間内だから修理に出したら、レノボから請求書が。
「保証期間内だけどこれは有償、修理代金払うか、診断料払え」と。なにそれww。
で、まあ、払って治るなら診断料だけよりはマシだからと思って払って戻ってきたら
今度は一週間で電源スイッチが入らねーし、まあ、チャイナ製品買った自分が悪い。
このPCが戻ってくることを見越してたのでタブレットPCの「ICONIA TAB w500」を買ったのに。
意味ねーじゃんw。あれがいくら便利だとは言え、日常のPC利用には向かないよ。
ってことで、仕方なくPCを買い換えた。ASUSのK53E。今度は大切に使います・・・。
しかし、COREi5は早いな。動画見ながら他のことやってもサクサクだな・・・。
e0078069_14124268.jpg

金曜日、7時少し前に仕事を終え「よーし、三連休!」と思い、ルンルン気分(死語)で
品川駅の連絡通路を歩いていると携帯に着信が。飛島建設のK氏から。困りごとの相談。
これから三連休だが、彼らは徹夜の勢いらしい。休み明けに来てもらえればいい、
とは言われたが、早いにこしたことない。この時間に連絡をくれたんだから、行かないと。
どうせ帰り道だし、予定変更だ。武蔵小杉で途中下車し、「動くスロープ」がようやく
完成した乗り換え通路を進み、南武線に乗り換え。溝の口に出て、
送迎バスで同社の本社があるKSPへ。KSPではまだ煌々と灯りがついてる。遅くまで大変だ。
e0078069_1337384.jpg

打ち合わせは一時間弱ほど。本社が半蔵門から溝の口に移転して、
通勤が大変になった社員もいるみたい。本当に厳しい時代だよね・・・。
とにかく、協力できることは極力対応。来週早速準備することも忘れずに、いろいろと。
また、お互いの仕事のメリットになるような情報交換、交流も話の終盤には触れておく。
打ち合わせ終了後、部屋を出るとKさんが追いかけてくる。「だまさーん!これ!」。

Kさん「こんな遅くに来てくれて、ありがとう。持ってかえって!」。
だま「え~、トグルのお酒?うわ~、いや、ただ来ただけなのに・・」。
Kさん「奄美の焼酎。”これがトグルの味”ですよ」。

やや疲労の残った顔で微笑むKさん。ありがたく頂戴する。
ちなみに”トグル制震”とは、建物の枠に”てこ”の原理をつかったダンパー装置
を配置することで、巨大な地震が来た時に、建物にかかるエネルギーを吸収するもの。
仙台市役所に採用されていて、今回の震災では本棚から本が落ちることなく、
その性能の高さも実証され、売上を伸ばしているデバイスです。
e0078069_1337580.jpg

帰り、KSPからのバスでつぶやきを見ると、AC女史が「だまさん、私もKSPにいたよ!」と。
え?何かと思えば、AC女史がここで働いているんだそう。へ~奇遇だなあ。
しかもKSPへ行く僕が乗ったバスが、A女史が帰る時に乗ったバスの折り返しらしい。
世間は狭いな。また、JUNKSのライブでお会いしましょうね。
by navona1971 | 2011-09-19 13:37 | 呑む・食べる・話す | Comments(0)