HUNGRYライブ+会津旅行 2日目

今回の宿は若松駅前の「ホテルアルファーワン」。PC付の部屋で税込5,000円は安いものね。
そして翌朝は風が強いものの青空が広がっている。朝は8:30にSY氏が迎えに来てくれる。
会津地区では珍しくない「朝ラーメン」を楽しんでみる。市内の”大笑家”へ。
まったくしつこくない味なので、朝から食べても大丈夫。女性客もたくさん朝からいますしね。
e0078069_15335198.jpg

その後は鶴ヶ城を外から見学。立派なお城です。瓦の色が紫っぽい赤に塗り替えられたとか。
e0078069_15335749.jpg

遠足かな、修学旅行かな、こちらを訪れた生徒さんからの激励の言葉が素敵です。
e0078069_1534122.jpg

気持ちいい空。ちなみに、税込9100円でヤマダ電機にて購入したペンタックスのRZ10が旅のお供。
e0078069_1534691.jpg

若松の隣町、会津坂下(ばんげ)町の外れにある、地元が生んだ昭和のヒーロー、
春日八郎記念館に立ち寄る。直筆の楽譜や、当時の衣装なども・・・そして目の前は大自然。
e0078069_1534957.jpg

今日もSY氏が温泉に連れて行ってくださる。目指すのは喜多方市(旧高郷町)にある
ふれあいランド高郷。途中分岐した道に立ち寄ってみると、先日の豪雨のためにこの状態。
大きな被害が出たようです。早い復旧が望まれますね。すぐ横の阿賀川が氾濫しました。
e0078069_15341444.jpg

山をひたすら登っていくと、ふもとにあるのがふれあいランド高郷。
クセのない優しいぬるい温泉で、とっても入りやすい。お客さんが僕らしかいなかったんで、
カメラでちょっと露天風呂からの風景を。こんなよい景色のある露天風呂なんて初めて!
e0078069_15341830.jpg

高原の温泉を堪能したあとは、そろそと帰途に。会津盆地を縦断して大内宿を目指す。
SY氏は地元の酒造メーカー勤務だが、大内宿にはよいお付き合いをしている酒屋さんが。
その裏手に車を止め、挨拶しつつ進む。この大内宿で湧く地下水もお酒に。ひんやり~!
e0078069_15342310.jpg

大内宿は日光から若松へ抜ける会津西海道の宿場町でした。今も当時の雰囲気が残る
日本でも非常に珍しいところ。道の両脇には豊富な水が勢い良く流れています。
e0078069_15342792.jpg

時折降る天気雨の雫が花びらを濡らします。
e0078069_15343116.jpg

21世紀とは思えない風景ですよね~。心が和みます。もう何回来ただろう、何度でも来ちゃう。
e0078069_15343728.jpg

とても大切にされているお地蔵さん。
e0078069_15344443.jpg

道の両脇の水路にはラムネが冷やしてあります。水の流れる音が耳に優しい。
e0078069_15344835.jpg

大内宿の一番奥にある神社への階段を登って周囲を見下ろしてみます~。
ライブから温泉、グルメ、そして大内宿、と、会津を堪能して、そろそろ・・・東京へ。
e0078069_15345347.jpg

SYさんに会津鉄道の会津田島駅まで送って頂きました。ここから東京までは3時間。
行きと同様、まず鬼怒川温泉まで行き、「スペーシアきぬ」に乗り換え、特急で浅草へ。
快速でそのまま乗り通すのもあるが、さすがに時間がかかるんでね。空も晴れてきた。
e0078069_1534579.jpg

台風の影響で、鬼怒川温泉からの「スペーシアきぬ」の1号車の利用者は僕だけ。
栃木県内はずっと豪雨。ようやく利根川を超えたあたりで雲の切れ間から日差しが・・・。
e0078069_15362872.jpg

Commented by 出タラ目 at 2011-09-06 12:09 x
お疲れさまです。
私にとっては、二度目のクールスライブとなりました。
歴史あるバンドですよね。
で、年齢は重ねていらっしゃいますけど、かっこいい!
三度目のライブは、きっと踊れると思います。
特に【シンデレラ】最高でした。

次回は、むらいで食べましょう(笑)
Commented by navona1971 at 2011-09-07 13:09
>>出タラ目さん
長時間にわたる移動も安全運転して頂き、
さらに、温泉、グルメも堪能!
お陰様で楽しい旅行を終えることが出来ました。
改めてお礼を申し上げます。ありがとうございました。
ライブ直前のプロレストークも最高に笑えましたし。

COOLSライブは私が歌う晴れ(恥?)姿も見せてしまい・・・。
プリティでハンバーグ+ナポリタンも捨てがたいですね。

また会津には必ず伺います。
まなさんもくれぐれもよろしく、とのことでした。
by navona1971 | 2011-09-04 15:16 | ぶらり旅行記 | Comments(2)