泉崎サイクルフェスタ

e0078069_21151668.jpg

午前3時10分に起床。
そのまま起きていようかと思ったが、
いつの間にか寝てしまい、ケータイのアラームで起こされる。3時50分。
シャワーを浴び、支度を済ませ深夜の家を出る。まだ外は暗い。
Shop99に立ち寄り食料補給。おにぎりや弁当が半額。思わず手を伸ばす。
しかしおにぎり50円かよ(;´Д`)。喜んで買う俺も俺だがorz

20分ほど走り矢向駅へ。この駅始発の4時49分発を待つ。
なぜこの電車に乗るのかというと、新白河に10時前に着くには、
上野を5:47発宇都宮行に間に合わなくてはならないから。
フェアーウェイの会津若松延長打ち切りはイタい。

川崎で乗り換え京浜東北線、案外人は乗ってるが酔っ払いは皆無。
不景気のせいだろうか。日曜の朝だからか。上野で525Mへ乗り換える。
こんな早い時間の電車にもグリーンアテンダントは乗車している。
すっかり明るくなった風景を見ながらマターリ。
朝日が眩しい。思わず反対側のブラインドを下げる。

時折睡魔に襲われながらも、宇都宮に定刻到着。
隣のホームに移動。いきなりわめいている金髪中年男に遭遇。
うーん、さすが北関東だな・・・。
5連かと思った黒磯行は211系の10連。おかげでガラガラ。
ロングシートだが足を乗せ、伸ばす。いいなぁ。
車窓から見える田んぼは稲刈りがちょうど終わった感じ。
そして黒磯着。駅構内で立ち食いそば。うまいなぁ。
黒磯からは20分ほどで新白河に到着。

新白河ではSY氏の出迎え。泉崎バンクへ向かう。
昨年とうってかわって今年は好天。暑いくらい。
さっそくSY氏の1Kmタイムトライアル。全日本ヘッドコーチの斑目氏に指導を受ける。
野球で言えば落合や王に教えてもらうようなもの。
その後は選手の模擬競輪競走。地元福島所属の選手が登場。
エースの岡部芳幸を発見。風格が違うな。
レースは佐藤悦夫の逃げを新田祐大が捲り、さらに岡部が捲って1着。
まぁ”お約束”の展開だけれど、自転車が風を切る迫力。言葉なく見入ってしまう。
レース後は岡部(さん)と話す機会も。気さくで優しい印象。
SY氏は最後にウェアへサインを頂き感激の面持ち。

イベント終了後は近くの温泉で汗を流し、勢い?で宇都宮競輪へ。
SY氏は見事的中。わては湘南新宿ラインで一気に帰宅。
by navona1971 | 2005-10-02 22:12 | 競輪(KEIRIN)観戦記 | Comments(0)