「雪が本格的に降り始めた会津地方へ温泉とグルメの旅」(2日目前編)

いやいやどうも。
前夜はホテルでレンタルノートPCを借り、早々にブログ更新作業へ着手w。
その後、温泉に入った心地よさもあって眠気が襲ってきて・・・ベッドで横になり、起きたら深夜2時。
しかし、まるで朝までぐっすり寝たかのような爽快感。温泉の効能かね。しばらく起きていたけれど、
いくら体が目覚めてもこの時間起き続けるのは・・・と思い再度就寝。朝、さらにすっきりとした起床となりました。
ホテルの窓から市内を望むと、雪がしっかり残っています。でも、天気はまずまず。
朝は1Fのレストランで軽めのバイキング。しかしカードキーを挿したままで・・・。
マスターキーを持ったフロント嬢と一緒に部屋に戻り開けてもらう。何やってんよ自分。
e0078069_1823524.jpg

最近流行の低価格朝食つきホテルチェーン。東横インが以前は勢いがあったけれど、
ちょっと部屋の質が低すぎるような気がしないでもないんだよな。何度かお世話になった時に感じたわ。
そうした中で急速に加盟店舗が増えているこの「ルートイン」チェーン。部屋もなかなか。そのうえ、朝食はおいしいし、
ホテル全体の造りもチープさがなく、洗練されている印象。ロビーは宿泊客の数が目立ち、稼働率の高さを裏付ける。
e0078069_1824043.jpg

そして、今回利用した「土日きっぷ」の特典として、JR東日本グループの「駅レンタカー」にて、
Sクラスの一日利用料金が2000円(免責補償料込)になるというレンタカー利用補助券がある。このオマケ、とても魅力的です。
Sクラスといえばマーチやデミオですけど、走るには十分だし、そのうえ、このクラスでも一日借りれば6000円近くになる。
さらに、楽しいドライブには絶対に欠かせない免責補償料は一律別途1000円くらい支払わなくてはならないから。
それがコミコミでこの価格。この会津旅行では利用しないテはないんで、すでに駅レンの会津若松営業所には予約済み。
前日別れ際、SY氏に土日きっぷと利用補助券を託し、朝、レンタカーを手配のうえ、こちらに来て頂けることに。
9時少し前、日産マーチに乗ってSY氏到着。今日も会津を楽しむ一日を過す。
最初は「ばす」を観にいくことに。最初そう言われた時にピンと来なかったけど、
会津鉄道の芦ノ牧温泉駅で駅長?をしている猫「ばす」のことだったのね。そう、一度その姿を見てみたかった。
e0078069_1824663.jpg

会津若松市内から車で20分くらいかな。市内より雪の目立つ芦ノ牧温泉駅に到着。
駅長「ばす」はいましたけど、就寝中でした。猫の大事な任務だからね、睡眠は。邪魔するわけにはいかない。
e0078069_185068.jpg

待合室の中には駅長室が・・・。駅長、部屋の中で寝なくていいんですかね?
e0078069_185834.jpg

燃えさかるストーブの先、座布団の上でくるまって寝るばす。寝息も立てず、静かにお休み中です。
まあ、起きている間は観光客の相手もしなければならないし、大変なんでしょう。
残念ながら顔を伏せて休んでいるので、直接どんな表情か見ることは出来ず。
しかし、経営の苦しい第三セクター鉄道に車で来てしまった申し訳なさもあるので、お土産品を買って増収に協力。
次回は会津鉄道にちゃんと乗って様子を伺いに来ます。
e0078069_1851554.jpg

ばすと別れて駅舎を出る。しんしんと雪が降っています。湿度があるので、思ったほど寒くはない。
e0078069_1852547.jpg

芦ノ牧温泉駅の駅前通り。人の姿はありません。先にわずかに見える茶色の建物が、あの「牛乳屋食堂」です。のちほど行きます。
e0078069_1853022.jpg

その後、会津鉄道と並走する国道121号線を南下。南下といっても会津若松市内よりも山間部なので雪はどっさり。
ですが、晴れ間がのぞいてきました。空も明るくなって、気温も上昇傾向。樹氷のような木々に目を奪われます。
e0078069_1853743.jpg

芦ノ牧温泉駅からまた20分ほど走ったところ、会津下郷町にある「郷の湯」に到着。
朝10時の営業開始時間直後に入ったので、当然一番乗り。いいねえ、その日の最初のお湯に浸かれるなんて。
もともとは建設会社を営んでいた方が融雪用の水を掘ろうとして温泉を当ててしまったそうで。
こんな立派な施設で民営なのに入場料はわずか300円。しかも露天風呂つき。お湯は昨日同様、やわらかでなかなか。
e0078069_1854313.jpg

「郷の湯」でしっかり体を温めたあとは、本日午前のメインイベント?芦ノ牧温泉「牛乳屋食堂」訪問です。
車をUターンさせ、再びばすが駅長さんをしている芦ノ牧温泉駅を目指す。
ここ、芦ノ牧温泉駅周辺には、今回行く「牛乳屋食堂」、「うえんで食堂」、「ばんげや」と、
ラーメンの名店3店がひしめいている所なんですよね。SY氏曰く「芦ノ牧ラーメントライアングル」とw。
以前、SY氏に連れられ、うえんでさんには行ってます。今回は牛乳屋さんへ。
11時からの開店で到着は11時10分くらいでしたが、すでに駐車場には車が7台ほど。盛況だなあ。
店の入口には順番待ち用の椅子や名前を書くメモが置いてありますから、さぞかし混むんでしょう。
e0078069_1854862.jpg

店内に入ると「いらっしゃいませー!」という元気な声でおばさん達が出迎えてくれる。
すでにテーブルは概ね埋まり、今か今かとラーメンを待っている人の姿がいくつも。
注文したのはチャーシューメン。料理が届くまでの間、店内を見回すと、芸能人やアナウンサーのサインがぎっしり。
まあ、そういう店って結構、味がアレッ?ってのが結構あるんだけど、ここは例外ですよね。
で、なんでラーメン屋なのに「牛乳屋」か、というと、ここに鉄道が開通した際、需要を当て込んで初代が
牛乳屋さんを始めたのがきっかけで、その後、隣に住んでいた中国人に「支那そば」の作り方を
教わってからラーメン屋としての牛乳屋がスタートしたそうです。現在は四代目。今や新横浜ラーメン博物館にも出店中。
そして、届きましたよ人気のチャーシューメンが・・・。まず、れんげでスープをすする・・・。
もう、ひとことで言うと、”素朴”に尽きる。奇をてらってない。「中華そば」の味。
甘くもしょっぱくもなく、しつこくなく、あっさり。それでいて味わい深い。麺はコシがあります。
チャーシューは柔らかく、でも、ボリュームがあり、おいしい。
特別、旨くて旨くてしょーがない!って感じじゃない。でも、「中華そばを食べた」という満足感がしっかり残るラーメン。
くどさがない分、また食べたくなる。すごくよい意味で「普通のラーメン」です。
私たちが食べている間もどんどんお客さんが来店。こんな山奥に途切れなくお客さんが来る不思議w。
しかも周囲にまだ2つも同じような店があるのに共存している件・・。次回は未訪問の「ばんげや」にトライだな。
e0078069_1855419.jpg

ラーメンじゃないな「中華そば」だな。ふーっ、おいしかった。温泉とラーメンで体がポカポカ。
お店を出て空を見上げると、雲が途切れて天候もさらによくなってきたわ。そして絶景です。
e0078069_186165.jpg

冷たい空気に晒されて、柿も渋みが抜けるかな。
e0078069_186614.jpg

南会津でラーメンと温泉を堪能したあとは、SY氏の推薦で今度は西会津へ。
せっかくだから、と、現在一部開通し無料供用中の会津縦貫道を走ることに。そういえば、磐越道は
喜多方に立ち寄らず、そのまま新潟方面へ向かっているから、喜多方には高規格道がないんだよな。
その会津縦貫道の湯川北ICに入ろうとするが、直前に雄大な風景が見えたので、車を停めてもらう。
e0078069_1861391.jpg

目の前に雄大な会津盆地が広がっています。都会モンにはたまらない風景です。もう、感動。来てよかった。美しいですよね。
ただ、今日はいい天気だけど、吹雪となれば大変だそうで。「前も見えないですよ」とSY氏。厳しい冬だよね・・・。
e0078069_186184.jpg

後編は後日更新予定
Commented by 出タラ目 at 2009-12-21 22:23 x
こんばんは(・∀・)
いやー、遠路はるばる会津へお越し頂きありがとうございました。
三食連続ソースカツ丼(笑)や温泉づくし…会津に住む私にとっても楽しい週末になりました。
またぜひ会津にお越し下さいね。
私も…早い時期に川崎に行きたいです…。
Commented by NAVONA1971 at 2009-12-21 22:46
いやー、遠路なんて・・・。
正直、帰りは接続がラクで、若松~自宅最寄り駅がなんと3時間10分。
西武ドームへ行くのと1時間程度しか変わらない件ww。

十文字屋の磐梯カツ丼にはやられましたwwww。お互い涙目になってましたねww。
とくにいいでの湯は最高でした。また、安全運転のお陰でよい旅となりました。
川崎へもぜひ。横浜の例の店でメガ天丼でも食べますかww。
このたびはお世話になりました!
お酒楽しみにしてます!
by navona1971 | 2009-12-20 23:58 | ぶらり旅行記 | Comments(2)