ここ数日のとりとめもない話

★仕事の話。
はい、どうも。
ちょっと更新の間隔が開きましたね。ここんとこちょっとバタバタしていて。
景気が悪い割には問い合わせやら何やら対応せねばならないことが多くて。もちろん、ありがたいことです。
今日は製品のサポートで小平市の花小金井まで行くことに。西武新宿線花小金井駅前には、多摩湖自転車道があります。
この自転車道の地下には、狭山湖から三鷹の境浄水場へ水を送るための水道管が埋設してあります。
以前、ここを通って西武ドームまで走ったことは2007年9月のブログで書きましたね。
風は強いものの、蒸し暑い中、そこを15分ほど歩き、お客様のところまで。
私もエンジニアではないので戸惑ったが無事に解決。「だまさん、たまには息抜きもいいでしょう」。
老紳士という雰囲気ありありのお客様、Sさんが紅茶とケーキを用意して下さる。
っていうか正直なところ息抜きばかりだけどw。

難しい書籍がずらり並ぶ本棚の中に、ゼロ戦のプラモデルがある。あと、戦記ものの小説もチラホラ。
仕事の話を一通りしたあと、「お好きなんですか?」と切り出す。
Sさん「うん、懐かしくてね。太平洋戦争の末期、中島飛行機の工場に学徒動員されてたんですよ」。
だま「中島飛行機って富士重工の?そういえば宇都宮に工場がありましたね」。
Sさん「そうそう、学校には来なくていいから勤労奉仕だ、と。職工さんに混じって働いて」。
e0078069_2271814.jpg

だま「学徒動員された方から直接話を聞くのは初めてです」。
Sさん「もうみんな年寄りだもんね。でも、あの頃はアメリカに勝てると思ってたなぁ(遠い目)」。
Sさん「神州不滅の精神で、根性だけは日本兵が一番と思ってたわけです。でもね、ある日、
宇都宮に米軍機が襲ってきた時、高射砲で日本軍は迎撃するんですけど、それを避けることもなく、
果敢に突っ込んでくる敵機を何度も見ました。心底おどろきましたね。”あっちも本気なんだ”」と、ショックでね。

Sさん「その後、空襲で店は焼かれ、家族は親類をたらいまわしにされて。よくグレなかったなと思ってね」。
だま「確かSさんのご実家は地元でも有名な○○屋さんでしたね」。
Sさん「そう、でも、戦争で何もかもが焼けてしまって・・・」。
だま「お母様もSさんを連れて、方々回るのは、さぞかし肩身が狭かったんでしょうね・・・」。
Sさん「よほど辛かったのか、あの頃の記憶が、自分の中で抜け落ちているんですよね。
今振り返っても、あまり思い出せない。いや、思い出したくもないのかも知れないですけど・・・」。

しかし、さすが老舗のご子息だけあって、品がいいなー。
私のようなあやふやなリーマンにもちゃんと接してくれます・・・。Sさんのところに来るとつい話が長くなります。
「タクシーを呼んで差し上げます」というSさんを制し、夕暮れの中。駅へ戻ります。
マスクはどこでも売り切れ。でも、マスクした女の人見ると「私、キレイ?」を思い出すのはやっぱりおっさんなんだな、自分。
今日は時間が作れたので久しぶりに平日、プールに立ち寄り泳ぐ・・・。なぜか今週日曜より×kgも増えていて愕然とする。
なんで?そんな食べてないよ。大ショックで落ち込む。週末しっかり体動かさないと・・・。
いっそのこと新型インフルエンザにかかって体重激落ちさせようかしら・・・。
e0078069_2272477.jpg

★野球の話
姉夫婦が先週末、広島新球場へ対巨人戦を観戦に行ってきた。携帯から画像つきメール届きまくり・・・。ええのう。ここに勝手にアップしてみるw。
雨だったので試合ができるか危ぶまれたけど、土日ともなんとか開催。でも、土曜は延長12回で0-0、
日曜は試合開始が1時間遅れたため、帰りの新幹線の都合もあって、8回、1-0の時点で球場を後にしたため、
二日間で見た得点シーンが脇谷のソロホームランだけだそうでww。これはひどいw。
e0078069_2272979.jpg

旧市民球場は看板が取り外され、少し寂しい雰囲気。そして、内野A指定からの眺め。近いよねぇ。
さらに、イスとイスの間隔もかなり広い。これなら気軽に買い物やトイレに行けますね。そして新球場名物ヘルメットアイス・・・。
ズムスタを堪能したようで何より。私も早く行って見たいな。
まあその前に、来週は横浜スタジアムでの交流戦、横浜vs楽天。これは期待してます。
でも、ベイスターズも人望ある田代監督代行が就任して、雰囲気盛り上がってるからな、侮れません。
e0078069_2273539.jpg

お土産はカープ最中でしたw。おいしかったです。お礼申し上げます。
e0078069_2274197.jpg

★カメラの話
D40x、D90と、デジタル一眼レフはニコンを使ってこのブログでも画像を紹介してきましたが、
色合いがなんか自分の理想に合わないなーと悩んでた最近でした。
そういえば、自分が記者をやっていた頃、会社ではニコンF601とF401があったんだけど、
その頃から、なんか気に入った発色じゃないんだよなと思ってた。あ、腕が悪いのは大前提ですw。
で、銀塩時代はミノルタ5xi、707siを愛用していましたね。それにフジクロームとかでモータースポーツ撮ってました。
あの頃、ニコンが自分に合わなかったことを忘れて今回、ニコンのデジカメを買ってしまったのよね。
そうした中、ペンタックスで野球を撮ってるYさんの画像を見て、その写りの良さに衝撃を受けました。
もちろん、腕がいいからというのはあるんですけど、色合いが素晴らしい。なんというか、人の目で見たままの色。
てっきり、RAWで撮影して現像しているのかと思っていた。で、尋ねてみると「違いますよー」と。
それ以降、ペンタックスの撮影画像をネットで巡回すると、いずれも自分好みなんだよね・・・。
もちろん、好みの問題なので、ニコンが悪い訳じゃないんです。
で、先日、某カメラ屋さんで、ペンタックスK20Dを買う方は下取り20%UPという広告を発見!
計算すると・・・ほとんど追加負担なしで手持ちの機材をそのままペンタックスに移せるじゃん。D90下取り高いし。
ということでK20Dに乗り換えました。今度の撮影が楽しみです(大して変わらなかったら確かに腕の問題w)。
Commented by あいぽん@マスクしてません at 2009-05-23 02:29 x
老紳士・・・萌え(笑)
私の父も生きていたなら同じくらい(昭和2年生まれ)
東京大空襲で家を焼かれたのも同じ。
実は私の父は、東京生まれの大学卒業まで東京育ち。

学徒出陣寸前で終戦になったとよく話していました。
本当は文系に進みたかったけれど、まっさきに特攻隊や
前線におくられると父親に反対され理系にいったんだ・・・とも。

昔は戦争の話なんて興味がなく、適当に相手していましたが、
今となってはもっと聞いておくべきだったと後悔しています。

新型インフルエンザは、おっさんおばさんは感染率低いようで
ラッキーです(^^ゞ

深キョンのおかげで「白いパラソル」が別なものになってますね(泣)








Commented by NAVONA1971 at 2009-05-23 22:09
あら、あいぽんさんのお父様はもともと東京の方だったんですか。
それは初耳でした。
確かに、当時で理系の学卒は貴重な人材(エリート)ですものね。
そうです、「語り継ぐ」ということは大切なことだと思いますね。
つい、「あー、また昔の話でしょハイハイ」って感じになりがちですが・・・。

戦争で人生狂わされた人も沢山いますものね。
私、広島で原爆関連の施設を見て、アメ公にこんなことされて
今や最大の同盟国だなんてお人よしな国だよな日本も、と思ったりw。
まあ仕方ない面もありますが。
戦争は命令する人間が一番後方にいるのが許せませんね。
戦いたければ自ら先陣を切って行けば?って感じです。

いや、あいぽんさん、気持ちは?若いので感染要注意でw。

深キョンのCM、白パラのは見たことないんですよねー。
青い珊瑚礁は見ましたが、聖子(ちゃん)の偉大さを
再認識するに至りましたw
Commented by あいぽん@マスクいらず at 2009-05-23 23:11 x
こんばんは~。
え~と先祖代々は会津藩士で、戊辰戦争後青森に流され、
その後一族は東京に出てやがて父が生まれた。
で、会津に戻っていた祖父の長兄が独り身で病気になったため、
一家で会津に移住。(空襲で家も焼かれたし?)
その後父は母と見合い結婚。(売れ残り同士との噂w)
そしてあいぽん姫誕生。となります。

自分語り失礼しました(爆)


Commented by NAVONA1971 at 2009-05-24 07:09
友人が会津の歴史をよく図書館で読んだりしていると見聞きして、
ネット検索レベルですが私も調べたりしたのですが、
会津戦争での新政府軍の会津に対する扱いのひどさに激憤しておりました・・・。
様々なひとの人生を翻弄してしまったんだなーと。

当時はやはりお見合いが多いのですね、ご他聞に漏れず我が家の両親も・・・。
母は勤務先の医者に告白されていたのでOKならば血筋を踏まえると
私ももう少し優秀になったようなw。
by NAVONA1971 | 2009-05-21 22:07 | とりとめもない話 | Comments(4)