会津・山形へ 「喜多方で朝からラーメン!そして、2年ぶりの墓参へ」(初日前編)

はい、どうも。
4月30日(木)は、栃木出張でした。仕事を終えて、明日の会津入りに備えて、帰京せずに郡山で前日泊することに。
翌日の5月1日(金)は、GWに合わせて、有給休暇を頂いた次第です。
当初は、節約のため、宇都宮から各駅停車で行く予定だったんだけども、お客様との話が長引き、結局新幹線で向かうことに。
しかし、各駅停車なら2時間。「やまびこ」なら28分。新幹線速すぎだろ・・・。
ホテルの競争が激しい郡山では、ワシントンホテルが提供数限定ながらなんと1泊3900円。助かるわ・・・。
着替えやカメラは宅急便で一足早くホテルに送付済。夜は部屋で広島対巨人をボンヤリと観戦。
そして、翌朝、6:57の磐越西線・会津若松行で出発。しかしいい天気だね。風景もだんだんと田舎っぽくなり・・・。
e0078069_20345033.jpg

水を張った田んぼに山々が反射して、まるで鏡のように映っています。綺麗ですね。
少しずつですが、会津若松の高校へ向かう学生などで、電車が混みあってきました。
e0078069_20345844.jpg

線路と平行する道路の歩道を進む集団登校の生徒達。心なしか足取りも軽やか。いい風景です。
このコたちにはどんな日常があるんでしょうか。想像するのも楽しいです。
e0078069_2035341.jpg

そして日本100名山のひとつ、名峰、磐梯山です。形がかっこいいわな。富士山型で。
これが見えてくると、いよいよ会津、という雰囲気を実感します。
e0078069_2035893.jpg

この電車は東京からの東北新幹線の連絡を受けていないので、乗客はみんな地元の人ばかり。
郡山から1時間10分ほどで無事に会津若松へ到着。
電車は折り返し郡山行の快速となります。あかべこのステッカーがかわいいですね。
e0078069_20351469.jpg

改札口前にはビッグな赤べこが出迎えてくれます。なんか牛に見えないけどw。
e0078069_20351962.jpg

あぁ、久しぶりの会津若松。前回訪問は2年前。けれどあっという間だなあ。
駅前では、会津若松在住の友人、SY氏が出迎えてくれました。二日間、よろしくお願いします。
で、駅近くのマツダレンタカーで予約していた「デミオ」を引き取ります。私、免許ないから当然運転はSY氏w。
e0078069_20352525.jpg

「朝食とりました?」。SY氏が尋ねる。朝早かったから、まだお茶しか飲んでいない。
「朝からラーメンってどうですか?」。いいねぇ。っていうか、そんなところあるの?聞けば喜多方らしい。
これから山形に向かうから、途中だし、行くことにする。ってことで、暖簾をくぐったのは「坂内食堂」。
そう、フランチャイズで首都圏ほか各地にお店を出していますね。その本店です。朝から営業してるそうで。
戸を開けると、広い店内の半分くらいがすでに埋まっている。まだ9時前なんですけどw。女性も普通に食べてる。
「支那そば(600円)」を注文。で、届いたのがこれ。フランチャイズのより断然にウマい。薄味だけどおいしい!
朝から食べても全然クドくない。あっという間に完食!しかも肉もフランチャイズより厚い!w。
e0078069_20353025.jpg

そして、車を、会津と山形県米沢を結ぶ国道121号「大峠」に向かって走らせます。
いつものこの時期なら、窓を開ければヒンヤリとした風が吹き込んでくるのに、今日は初夏を思わせる陽気です。
確か、山形のべにばな国体に合わせて完成した全長約4kmのこのトンネル。
完成前は狭隘かつ未舗装な悪路があっただけで、事実上利用できない状態でした。
このため、会津から山形に行くには、大きく遠回りをする必要がありましたが、このトンネルの完成で、
行き来が非常に便利になりました。しかも除雪されるため、豪雪地帯ですが通年通行が可能です。
大峠を抜けてからは南陽市~長井市を通過し、国道348号で白鷹町を通り、山形市へ進みます。
今回山形に行く目的は、3回忌以来、2年ぶりの墓参です。経緯についてはこちらを。事故現場だった白鷹トンネルに入る。
あの4年前の事故でできた大きなへこみはまだ残っていた。心の中で手を合わせる。
里に下りてくれば山形市の中心部はすぐ。混雑しがちな13号は通らず、東側のバイパスを通る。こんな道できたのか。
便利になったな。しかも道路の両脇はみんなお店ばかり。中心部が空洞化するのも納得。
昔、彼女に何度かこの辺ドライブしてもらったけど、寂しいところだったんだけどなぁ。
e0078069_20353714.jpg

天童、山形空港、東根を過ぎ、1時間弱でE嬢が眠っている新庄市内のお寺へ到着。
SY氏に手伝っていただき、お墓を掃除。境内にある大きな桜からひらひらと花びらが舞い散っている。
俺もたまにしか来れてないけど、みんなもちゃんと来てくれているんだろうか、ちょっと心配になる。
お線香に火をつけようとマッチを擦るが風が強く消えてしまう。そのうちマッチもなくなってしまうw。
「マッチ売りの少女じゃないですか!」とSY氏w。ライターを探して寺を出ると目の前にパチンコ屋が。
だま「ライター買いたいんだけど」
店員さん「玉としか交換してなくて・・・販促用のあげます」
おお、ありがとう。次、打ちに行ってあげるから・・・。無事にお線香に着火。
お墓の前で手を合わせます。天国でゆっくりしてるかな?まあ俺も長生きできるタイプじゃないんで、その時はよろしくw。
こんなことになるなら、本当に遠慮せず結婚しておけばよかったです。苦労はしても死ぬことはなかったでしょうし。
あなたの前向きな気持ちに応えられなかった男でしたわ。それでも文句一つ言いませんでしたね・・・。
それに、あの頃は感謝や謙虚の気持ちもなく、傲慢な人間だったと思う。今振り返ると恥ずかしい限り・・・。
e0078069_20354298.jpg

墓参を終えてから、帰途に。お寺のすぐ裏の川では、こいのぼりが舞っていました。いいね。
e0078069_20354915.jpg

途中、天童にある日帰り入浴施設「ゆぴあ」に立ち寄ります。
ここ、わずか300円で露天風呂ほか、温泉が満喫できます。ちょっとしょっぱいんだよね。このお湯。
GWの合間とはいえ、平日ですが結構なお客さんの入りですわ。
e0078069_2036980.jpg

ゆぴあの脱衣場に貼ってあった標語にワロタw。さらわれた姫ってマリオじゃあるまいしw。
しかし、この言葉に誘われるように、二人で腰に手を当てて牛乳を飲み干しました。あぁ、うまい!
e0078069_20361558.jpg

天童といえばこれ。ゆぴあにあった巨大将棋でSY氏とちょっと対局。っていうか、将棋やるのって30年ぶりくらいかも。
二人で指していると横にギャラリーがちらほら。超恥ずかしいww。
下手っぷりに「こいつ馬鹿だなぁー」と思われてるかもw。
けれど、ちょっとあやふやながらも、駒の動かし方をまだ覚えていたことに驚く。長くなりそうなので途中でお開き・・・。
e0078069_20362290.jpg

山形といえば、さくらんぼですね。特に天童のある山形盆地はさくらんぼの名産地です。
さくらんぼの花っていうんですかね。かわいい形をしています。
e0078069_20363680.jpg

で、今回、会津と山形に来て驚くのは、群生しているタンポポの多さ。そこらじゅうにあるんだよね。
黄色い花が本当にたくさん。生命力の強い花らしいけど。
たくましくて、それに、ちゃんと見ると味わいもあるよね。
e0078069_20364466.jpg

朝ラーメン食べたり、さっき温泉に立ち寄ったりしたので、もう夕方に入りつつありますが車はまだ山形市内。
そこで視線に入ってきたのは山形市民なら誰でも知ってる?国道13号沿いのホテルUFO。キターw。まだあったのかよw。
このアダムスキー型の外観がたまらなく好きで、内部が一体どうなってるのか非常に気になります。
一度入ってみたいんですけどw。そうそう、レンタカーは満タン借りの満タン返しなので、一旦ここで給油、セルフスタンドで。
しかし、20リットルも入らない。もう300kmくらい走っているのに。すげぇぇぇなデミオ。
小さなボディですが、パワーもあるらしく、「運転しやすいです」とSY氏。こりゃみんな小型車乗るわけだよなぁ。
さ、暗くならないうちに、会津へ戻りましょう。
e0078069_20365126.jpg


★後編はこちらをクリック!

Commented by 出タラ目 at 2009-05-02 23:32 x
お疲れ様です。
写真で改めて拝見すると、私の住む地域というのも悪くないなぁ~と。
またぜひ会津にいらして下さいね。
Commented by NAVONA1971 at 2009-05-03 09:17
出タラ目さん、二日間本当に乙でした。
会津は何日あっても回り切れないですわ。昭和村最高でしたw。
もっと訪れる頻度をアップしたいと思います!
Commented by アル at 2009-05-04 20:46 x
過去の日記も拝見して…こんなことがあったんですね。。
本当に言葉もありません。
私の母も7年ほど前、ある日突然亡くなりました。
父と母、同じ死でも残された者が引きずるものは全く違うと感じます。
やっぱり突然の死はダメージが大きかったし、未だにモヤモヤしたものがあります。
しかし亡くなって何年も経っても、昔の彼女さんを訪ねていくだまさんは
本当に優しい方だなと思います。
彼女さんはきっと喜んでいらっしゃると思うし
「私も無理矢理にでも結婚すればよかった!」って思っていらっしゃると思います。
Commented by NAVONA1971 at 2009-05-05 18:43
>>アルさん
単なる自己満足の墓参だと思います、ホント。
しかし、今回の彼女の件といい、今年1月にあった親友の急逝といい、
「人と会う時はそれが最後」という言葉が大袈裟に感じないというか・・・。
そういえば「最後だとわかっていたなら」なんて詩もありましたね。
アルさんはご両親の死という、子供の立場でもっとも大変な出来事に遭遇して、
それを乗り越えていらっしゃる強さを感じます。まあ私なんて意気地なしですからね・・・。

病気であれ、事故であれ、悪魔は物影に隠れて人をいつか陥れようと
しますので、なんとかお互いかわして生き抜きたいですねw。
by NAVONA1971 | 2009-05-01 20:34 | ぶらり旅行記 | Comments(4)